快適なバイクライフのためにメンテナンスを!

これから寒さが厳しくなり、本格的な冬が訪れます。

北海道のオートバイショップさんなどでは冬は寒さと雪でとてもではありませんが

一般的な車輌では走れないシーズンとなってしまいます。

しかしエンジンや気化器などは精密機械ですからたまにエンジンをかけないと

調子が悪くなってしまうのもまた事実、そこで冬の期間は保管料と管理費を受け

バイク屋がお客様のマシンを預かり、冬の期間ショップスタッフが定期的に

エンジンの管理や暖気等を行ってバイクシーズンに向けて快調を保つのだそうです。

賢い管理の仕方かもしれませんね!

 

 

写真はエンジニアさんがメンテナンスを始める所です。

構造上、上部からバラしていきます。

 

 

エンジンはオートバイの心臓部、とても繊細な部分ですので専用のツールや台座を

使用して分解していきます。

 

 

通常、車体に搭載されている状態のエンジンは内部でトラブルがあると

直ぐには対応出来ませんし、不具合によって破損したパーツなどが

駆動パーツなどに噛み込んでしまうと走行中に後輪がロックしてしまったりと

挙動を大きく崩すこととなり、最悪不意の転倒となることも。。

MotoUPではそう言ったエンジンのメンテナンスやパーツ交換も行えます!

ツーリングの前に、オフシーズンとなる今の時期にリフレッシュしませんか??

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MotoUPの最新情報をお届けします

この記事を書いた人

藤井 謙汰
藤井 謙汰

ホンダのワークスライダーだった藤井璋美を祖父に、レーシングチームを運営するTSR現代表の藤井正和を父に持つ。小学6年生のときからバイクに乗り始め、2005年からは鈴鹿サーキットで開催されている若手ライダー対象のレーシングスクール、SRS-Jに入校した。

関連キーフレーズ