全日本初優勝を手中にしていただけに

今回のメインレースは、J-GP2クラス!

全日本ロードレース選手権が茨城県・筑波サーキットで開幕した。今回はJSB1000クラスの開催はなく、au & テルル・Kohara RTからは、J-GP2クラスに渥美心と新加入の佐藤太紀が参戦した。J-GP2クラスがメインレースとなり、土曜に公式予選、スーパーポール、レース1、日曜日にレース2が行われるスケジュールだった。

トップ快走もマシントラブルに泣く

1周だけのアタックで争われるスーパーポール。渥美は2番目に登場し、57秒台に入れリーダーボードのトップに立つ。その後、渥美のタイムを破ったのはトップ2のみ。3番手にジャンプアップしフロントロウからスタートすることになった。
そしてレース1のスタート迎える。野田アドバイザーからは、とにかく序盤が勝負と言われた渥美は、最初からペースを上げて行く。好スタートを切り2番手上がるとオープニングラップの第2ヘアピンでトップに浮上。そのままペースを上げレースをリードしいて行く。この渥美についてきたのは、ポールポジションの浦本選手。やや感覚を空けて3番手の集団と続いていた。とにかく全開で走ったと言う渥美は、レース終盤に入っても、そのペースは下がるどころか上がってきていた。17周目には、自己ベストを更新し浦本選手を引き離しにかかっていたのだが・・・。残り3周を切った18周目に入ったところでマシントラブルが発生してしまいスローダウン。そのままコースサイドにマシンを止め無念のリタイアとなってしまう。
ほぼ全日本初優勝を手中にしていただけに悔しい結果となった。<lcass=”raceResult”>

レース結果

Pos post Team Lap Total Time
1 浦本 修充 Team KAGAYAMA 20 19’17.631
2 生形 秀之 エスパルスドリームレーシング 20 19’19.592
3 國峰 啄磨 H43 Team-NOBBY 20 19’19.755
4 水野  涼 MuSASHiRTハルク・プロ 20 19’19.910
5 石塚  健 Willraiseracing-RS-ITOH 20 19’21.247
6 井筒 仁康 Willraiseracing-RSITOH 20 19’21.880
7 関口 太郎 MISTRESA with HARC-PRO. 20 19’22.079
8 三原 壮紫 H43 Team-NOBBY 20 19’23.486
9 渥美  心 au&テルル・Kohara RT 20 19’26.591
10 大木 崇行 MOTO BUM+虎の穴 20 19’32.042

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MotoUPの最新情報をお届けします

この記事を書いた人

林 龍一
林 龍一

福岡出身。上京後、eコマース系のITベンチャーで営業を行う。その後ITベンチャーの立ち上げに数社参加し、Webコンサルティング業務に従事。 2012年、株式会社ピーアップでメディア事業部を立ち上げる。

関連キーフレーズ