日本グランプリ公式予選、長島選手は24番手で決勝へ。

MotoGP 日本ラウンドの公式予選が行われました。

注目の長島選手は24番手タイムとなり、決勝へと臨みます。

 

 

以下、ライダーコメントです。

 

「予選中はちょっとした問題があり不完全燃焼な部分がありましたが、マシンのフィーリングは良く

1分51秒台には入れることができたので、気持ちを切り換えて決勝に臨みたいと思っています。

しっかりアタックできていれば確実に10番台には入れたはずなので

決勝日朝のウォームアップ走行でしっかりマシンを確認して、いいスタートを切りたいですね。応援よろしくお願いします!」

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MotoUPの最新情報をお届けします

この記事を書いた人

藤井 謙汰
藤井 謙汰

ホンダのワークスライダーだった藤井璋美を祖父に、レーシングチームを運営するTSR現代表の藤井正和を父に持つ。小学6年生のときからバイクに乗り始め、2005年からは鈴鹿サーキットで開催されている若手ライダー対象のレーシングスクール、SRS-Jに入校した。

関連キーフレーズ