アルゼンチンMoto2初日、長島選手は29番手と厳しい結果に

4月7日にアルゼンチンで行われたMoto2クラス走行。
トップタイムをマークしたのはフランコ・モルビデリ選手でした。

1秒差に23台という大接戦となりましたが、
長島哲太選手はセットアップがうまく決まらず29番手でリザルト。
2日目以降のレースでどのように体制を持ち直してくれるかが期待されます。

以下長島選手コメント

FP1、FP2ともに、自分の走りが全くできませんでした。コーナーの立ち上がりでグリップしないのが最大の問題で、何をやっても解決しませんでした。チームの方針でカタールGPと違うスイングアームを装着しているのですが、これがバランスを崩していると思います。現状のままだとかなり厳しいですが、自分でやれることがまだあるので、明日も引き続きがんばります

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MotoUPの最新情報をお届けします

この記事を書いた人

横尾郁弥
横尾郁弥

美大を卒業後、株式会社ピーアップのデザイナーとして新卒入社。 動画などのコンテンツづくりを普段から行っており、この秋よりバイクメディアのライターに。 お酒を飲むと80歳くらいのおじいさんになるともっぱらの噂。