表彰台を期待させる走りを見せた2人

表彰台を期待させる走り

シリーズ第5戦が、宮城県・スポーツランドSUGOで開催された。土曜日の公式予選、岡崎は痛み止めを飲み気合の走りを見せ9番手。伊藤も、タイムアップし9番手と、共に3列目からスタートすることになった。

アクシデントがあった決勝

決勝日は、どんよりしていた金曜、土曜とは打って変わり、朝から強い日差しが降り注ぎ、蒸し暑い陽気となった。この日、最初のレースとなったJ-GP3クラス。岡崎は、好スタートを見せ、6番手で1コーナーに進入。そのままオープニングラップを終え、前を行くライダーのすきを伺う。序盤から6台による4番手争いとなり、岡崎は、その集団の中で徐々にポジションを落とすが、終盤での挽回を狙っていた。レース終盤になると、3番手を走っていた選手のペースが上がらず、岡崎の走っている集団が飲み込んでいく。この集団の後方につけていた岡崎は、次々と、前を行くライダーにが落ちてきたライダーをかわして行くのに続き、前に出ることに成功するが、ラストラップに入るストレートで抜き返されてしまう。そして、その直後のコーナー立ち上がりで、そのライダーが目の前でクラッシュ。岡崎は避ける間もなく接触し転倒。このアクシデントで赤旗が提示され18周終了時の順位が正式リザルトとなった。
伊藤も好スタートを見せ6番手を好走していたが、追い上げて来たライダーにかわされ一時は8番手までポジションを下げていたが、1台は抜き返し自己最高位タイとなる7位でチェッカーフラッグを受けた。

<lcass=”raceResult”>

レース結果

Pos post Team Lap Total Time
1 栗原 佳祐 MuSASHi RT ハルク・プロ 22 28’59.905
2 徳留 真紀 CLUB PLUSONE 18 29’00.064
3 菊池 寛幸 H43 Team-NOBYY&ウイリー 18 29’09.319
4 佐藤 励 41Planning 18 29’09.604
5 伊達 悠太 Team 高武 RSC 18 29’09.636
6 関野 海斗 WILL-RAISEracingRS-ITOH 18 29’09.643
7 太田 虎之進 CLUB PLUSONE 18 29’10.058
8 岡崎 静夏 UQ&テルル・Kohara RT 18 29’10.831
9 古市 右京 KTM RACING.ASPIRATION 18 29’10.844
10 安村 武志 犬の乳酸菌/プリミティブR.T 18 29’25.163

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MotoUPの最新情報をお届けします

この記事を書いた人

林 龍一
林 龍一

福岡出身。上京後、eコマース系のITベンチャーで営業を行う。その後ITベンチャーの立ち上げに数社参加し、Webコンサルティング業務に従事。 2012年、株式会社ピーアップでメディア事業部を立ち上げる。

関連キーフレーズ