ハードなセミ耐久を戦い抜いた秋吉

ハードなセミ耐久を戦い抜いた秋吉

全日本ロードレース選手権は、第5戦SUGOを終えると早くもシーズン前半戦を終える。第4戦オートポリスが熊本地震の影響で中止となったため、今回は事実上の4戦目となった。
最高峰のJSB1000クラスは、1周約3.7kmのSUGOを52周(約194km)するセミ耐久で行われたが、燃費を重視して事前テストから不安定な天候に悩まされ、ドライコンディションで思うように走ることができないでいた。
レースウィークに入っても初日はどんよりと曇り、朝から霧雨が降ったり止んだりするコンディション。JSB1000クラスのときには、ほぼドライとなっていたが、気温は上がらず湿度の高い梅雨ならではの状況だった。その中で秋吉は1分29秒173をマークし8番手につけていた。J-GP2クラスの渥美心と佐藤太紀は、16、17番手と初日は出遅れてしまった。

 

予選タイムを上回るペースで走る秋吉

決勝日は、朝から青空が広がり気温も上がり、レースウィークで1番暑い1日となった。朝のウォームアップ走行で、変更したマシンセットを確認しアジャスト。予定通り13時20分にル・マン式スタートでレースは始まった。
秋吉は、マシンの始動にやや手間取り遅れてしまうが、オープニングラップで数台をかわし10番手でホームストレートに戻って来る。早くも予選タイムを上回るペースで走る秋吉は、2周目に1台、3周目にも1台かわし8番手に上がると、7番手を走るライダーをピタリとマークし周回を重ねて行く。
レース中盤に予定通りピットインし、タイヤ交換とガスチャージを行い再びコースに戻って行く。2スティント目の序盤はペースを上げられるず単独走行となった秋吉は、9位でチェッカーフラッグを受けた。
<lcass=”raceResult”>

レース結果

Pos post Team Lap Total Time
1 中須賀 克行 YAMAHA FACTORY RACING TEAM 52 1h17’16.431
2 渡邊 一樹 TeamGREEN 52 1h17’41.275
3 津田 拓也 ヨシムラスズキシェルアドバンス 52 1h17’45.757
4 柳川 明 TeamGREEN 52 1h17’49.725
5 野左根 航汰 YAMALUBE RACING TEAM 52 1h18’09.556
6 高橋 巧 MuSASHi RT ハルク・プロ 52 1h18’18.088
7 山口 辰也 TOHORacing 52 1h18’19.609
8 加賀山 就臣 Team KAGAYAMA 51 1h17’20.712
9 秋吉 耕佑 au&テルル・Kohara RT 51 1h17’29.943
10 中冨 伸一 HiTMAN RC甲子園ヤマハ 51 1h17’42.235

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MotoUPの最新情報をお届けします

この記事を書いた人

林 龍一
林 龍一

福岡出身。上京後、eコマース系のITベンチャーで営業を行う。その後ITベンチャーの立ち上げに数社参加し、Webコンサルティング業務に従事。 2012年、株式会社ピーアップでメディア事業部を立ち上げる。

関連キーフレーズ