鈴鹿サンデーロードレース最終戦

今週末となる11月26日(土曜)27日(日曜)はジュニアチームの今年の最終となる

鈴鹿サンデーロードレースの最終戦となります。

毎年、この最終戦は「NGK杯」と通称され、エンジンプラグのメーカーである

日本特殊工業様が冠スポンサーとなる大会で「NGK杯」と愛称されます。

 

 

ジュニアチームのレースとなる今回のレースはJ-GP3クラスに山中琉聖選手

同じくサポートライダーの齊藤魁選手。

ST600クラスには兄弟での参戦で中村修一郎選手(兄)

そして弟となる中村龍之介選手の参戦です。

 

 

今年度のラストレースに相応しい走りを見せて頂きたいと思います!

当日は多くのカテゴリーのレースが開催され、チャンピオン争いのかかったものなど

お楽しみ頂けるレースが多いはずですので是非サーキットにて

ご支援ご声援の程宜しくお願い致します。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MotoUPの最新情報をお届けします

この記事を書いた人

藤井 謙汰
藤井 謙汰

ホンダのワークスライダーだった藤井璋美を祖父に、レーシングチームを運営するTSR現代表の藤井正和を父に持つ。小学6年生のときからバイクに乗り始め、2005年からは鈴鹿サーキットで開催されている若手ライダー対象のレーシングスクール、SRS-Jに入校した。

関連キーフレーズ