世界グランプリ2017に向けたバレンシア公開テストは順調な滑り出し

11月27日にスペイン、バレンシアにあるリカルドトルモサーキットにて
世界グランプリ2017年シーズンに向けた公開テスト走行が行われました。
この公開テストにはグランプリ出場予定の世界中のレーシングチームが参加します。

そして、ピーアップレーシングチームのライダーでもあり、
現地チームであるストップ&ゴーレーシングから世界グランプリに参戦する事となった長島哲太選手も参加しました。

新チームと合流後も精力的に周回数を重ねており
トータルで100周近くのトライを実施。
チーム全体が笑顔で終えられる順調な滑り出しのテスト走行となりました。

以下、長島選手からのコメントです。

テストは素晴らしい結果で終えることが出来、新しいチームも
クルーら一人一人が素早い対応をしてくれて順調にメニューを熟すことが出来ました。
途中、軽い転倒はあったものの満足いく結果が出せており
まだまだ来シーズンに向けてやらなければいけないことが山積みですが
今は一息つき、この冬に向けてまた取り組んで行きます。

来季に再び世界グランプリを出走する事となった長島選手の動向に今後も目が離せません!
ご支援ご声援の程よろしくお願い致します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MotoUPの最新情報をお届けします

この記事を書いた人

藤井 謙汰
藤井 謙汰

ホンダのワークスライダーだった藤井璋美を祖父に、レーシングチームを運営するTSR現代表の藤井正和を父に持つ。小学6年生のときからバイクに乗り始め、2005年からは鈴鹿サーキットで開催されている若手ライダー対象のレーシングスクール、SRS-Jに入校した。