ヤマハ RZV500R

ヤマハ RZV500Rの紹介です。
当時の世界グランプリで活躍したヤマハワークスマシンのYZR500のフルレプリカとして造られた2ストローク500cc車輌であり、日本国内仕様としてリリースされました。

サイドカウルには「V4」の文字が誇らしげにセットされています。

当時のヤマハレーサータイプ特有のカウリング形状です。
世界グランプリファンなら一度は夢見たマシンなのではないでしょうか?

マシンサイドとシートから伸びた4本のサイレンサーは、
これだけで500ccレーサーレプリカを彷彿させます。
ここから2ストローク特有の白煙が吐き出される様は圧巻で、2ストロークの魅力の最たる部分と言っても過言ではありません。

こちらのRZV500Rは室内保管されていたため大変状態の良い物となっております。
是非MotoUP岩槻本店にてご覧くださいませ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MotoUPの最新情報をお届けします

この記事を書いた人

藤井 謙汰
藤井 謙汰

ホンダのワークスライダーだった藤井璋美を祖父に、レーシングチームを運営するTSR現代表の藤井正和を父に持つ。小学6年生のときからバイクに乗り始め、2005年からは鈴鹿サーキットで開催されている若手ライダー対象のレーシングスクール、SRS-Jに入校した。

関連キーフレーズ